ディープパンを使ってオムライス作りに挑戦してみました!

今回は、フレーバーストーンのディープパンについてご紹介します。

料理が苦手な私が上手く伝えられるか心配ですが…。
 

さて、ディープパンは、その字のごとく「深めのフライパン」です。

ソテーパンが深さ4cmだったのに対して、ディープパンは深さ7cmです。

さて、ディープパンで何を作ろうかな…。

公式サイトによると【デープパンはチャーハン・酢豚・オムレツ・パスタ・パエリアなど、ボリュームのあるお料理におすすめです】とのこと。

という訳で、今日のお昼はオムライスにします!

 

オムライスって、なかなか難しいんですよね。

どれだけ油を敷いても、卵がフライパンにくっついてしまって、上手くひっくり返せずグチャグチャになるのがいつものオチ。

レシピ名を「スクランブルエッグ×チキンライス」に変更しなきゃいけないくらい、見るも無残な姿になってしまうんです。

さて、放送事故にならないよう願いながら調理開始です!
 

  • 1.まずは、ガスコンロに火をつけてディープパンを温めます。油は敷きません。
  • 2.ディープパンに溶き卵を流し入れます。15秒ほど放置しましょう。
  • 3.ある程度、卵が固まったら、チキンライスを卵の上に乗せます。
  • 4.フライ返しを使って、卵でチキンライスを包んでいきましょう。

 

フライ返しを使って卵を折り曲げようとしたその瞬間!

驚きです!!

なんと、卵が少しも底にくっついていないのです。

油を敷いていないにも関わらず…これにはビックリしました。

そのため、チキンライスを卵で包むのも余裕でした。

「あれ?私ってこんなに手際が良かったっけ…?」と、自分でも驚いてしまいました。

5-2
 
チキンライスをあらかじめ作っておけば、わずか2、3分でオムライスの完成です。

お更に盛り付けると、卵の表面がツルンとキレイに焼けているのが分かります。

まんべんなく火が通っている証ですね。

ディープパンの底に卵がくっつかなかったので、卵でチキンライスを包むのが簡単でした。

さらに、ディープパンからお皿に盛り付ける時も、ツルンと滑り落ちていきました。

5-1
 

さらに言うと、ディープパンに何も付着していないので、後片付けが楽なことこの上ないです!

恐るべしディープパン、おそるべしフレーバーストーンですね。
 

油を使用しないで焼けるので、とってもヘルシーに調理できるのが良いところですね。

料理のたびに油を使っていたら、毎日の積み重ねで摂取する量も凄いことになってしまいます。

フレーバーストーンを使えば、火を使う調理においては油を使わずとも大丈夫です。

ダイエット中の方にも、特にオススメですね。
 

放送事故にならなくてホッとしました。

それもこれも、優秀なディープパンのおかげです!

今度は何を作ろうかな。

フレーバーストーンで、毎日の料理が少し楽しくなってきました。
 

>>次のページを読む

コメントを残す